記事一覧
ケトコナゾールで甲状腺機能が低下したか知る検査方法 2019年09月29日

ケトコナゾールは、抗真菌薬の一つです。ケトコナゾールの服用により、真菌の細胞膜を作るエルゴステロールが生成されないので、真菌の増殖が止まります。白癬症やカンジダなどの病気に有効です。しかしケトコナゾールには、甲状腺の機能を低下させることがごくまれにあります。よってケトコナゾールを服用して心配になった...

ケトコナゾールの副作用で引き起こされる紫斑病とは 2019年09月13日

ケトコナゾールは、イミダゾール系抗真菌剤で、真菌が細胞膜を合成するのを防ぎます。病院では水虫や皮膚カンジダ症の治療でケトコナゾールを処方します。ケトコナゾールはごくわずかな割合で、紫斑病を引き起こすことがあります。紫斑病とは出血しやすくなる病気で、血管から皮膚と粘膜に内出血が現れるので紫色のあざがで...

ケトコナゾール成分を含む商品 2019年08月27日

ケトコナゾールは、真菌の増殖を抑制したり、真菌を殺菌する作用のある医薬品や医薬部外品などに含まれている有効成分のことです。カビのなかまのことを真菌とよんでいますが、なかでも代表的な水虫などは白癬菌とよばれる真菌が足の指や爪などに寄生して起こった病気で、多湿な環境を好むために、放っておくとどんどん増殖...